スキーツアーに初参加

スキーツアーに初参加

この冬、人生ではじめてスキーツアーに行くことになった。
スキーツアーがはじめて、というだけでなく、スキーに行くこと自体が人生はじめてなのである。
私の出身は沖縄で、今年の春に大学進学のために上京してきたばかりなのだ。
スキーもはじめてならば、実はしっかりとした雪を見るのもはじめてと言っていいと思う。
先日、東京でも雪が降ったので、本当ははじめて生の雪を見たのはその時なのだろうが、実はあの時私は風邪を引いており、雪が降っている中を歩くこともできず、触ることもできずにいたのだ。
風邪でダウンしていた私は、外で降る雪を見たくて、身体を起こそうとしたのだが、熱による身体のだるさに勝つことが出来ずに、外の雪が降る音と気配を感じながら、布団から出ることが出来なかった。
はじめての一人暮らしで、一人暮らしの中ではじめて風邪を引いたこともあり、一人暮らしの風邪っぴきの大変さを味わいながら、親のありがたみを改めてかみしめていたのだった。

はじめての電車とスキーツアー

一人暮らしではじめての風邪によるダウンをくらい、改めて親のありがたみを感じた数日。
大学進学のために上京してきて約8カ月が経とうとしている。
一人暮らしというのは、やはり大変である。
掃除、洗濯がこんなに面倒なものだとは思わなかった。
一人暮らしのワンルームの部屋でさえ掃除が行き届かず散らかる一方だし、一人分の洗濯物でさえおっくうだと感じてしまう。
母の偉大さを日に日に感じる毎日である。
上京して初めて体験することも多い。
電車には、高校の修学旅行の時にも乗ったのだが、一人に電車に乗るのははじめてであった。
一人暮らしの家から大学までは自転車通学をしているため、普段電車に乗る機会が少ないこともあり、未だに電車には慣れていない。
友人たちと良く飲みにいく、渋谷・新宿などは迷わずに行けるが、地下鉄は未だにカオスである。
人生はじめて体験することが続いている中、今度はじめてのスキーツアーが控えている。
スキーツアーはとにかく楽しみだ。

私のために友人が企画してくれたスキーツアー

今回、スキーツアーに一緒に行くのは大学のサークルの友人たちである。
そう、私はサークルに入っているのだ。
大学で友人を作るには、サークルに所属するのが一番良いと聞き、履修届けを悩む前に決めたのがサークルなのである。
私は子供の頃から高校までサッカーをしており、大学でもサッカーを続けるつもりであった。
ただ、部活に入るつもりはなかったし、がっつり体育会系のサークルにも所属するつもりはなかった。
体育会系の中で今までお腹いっぱいやってきたので、大学では楽しくサッカーが出来るサークルを探していた。
そして、見つけたサークルが今私の所属しているサッカーサークルである。
皆サッカー経験者で、そこそこ練習をしながら、他サークルとの試合もあるし、それなりに楽しんでやれている。
スキーツアーに参加する
サッカー以外での遊びも多く、今回のスキーツアーもその一つである。
私がスキーをしたことがなく、一度行ってみたいという話を聞いた友人が企画してくれたのだ。
持つべきものは友人である。