名古屋人にとっての結婚指輪

名古屋人にとっての結婚指輪

名古屋では「娘三人持てば身上潰す」と言われるほど、派手な結婚式で有名なところです。
嫁入り道具の豪華さや、披露宴にかける費用は、いずれも全国平均を上回っていますので、伝統的に結婚への強い思いがあるのでしょう。
結婚するまえには、大事なプロポーズの儀式があります。
プロポーズのときに欠かせないものが「婚約指輪」−エンゲージリング−ですね。
これは、全国的に、「ダイヤモンドなどの石」(主流はダイヤモンド)がはいった、ゴージャスなデザインが主流のようです。
西洋は古来より、「魔除け」「幸運を呼ぶ」ための石といった言い伝えがあるようです。
無事にプロポーズで快諾を得たら、次は結婚式となりますが、その前に用意しなければいけないのが「結婚指輪」−マリッジリング−です。
結婚指輪を名古屋で選ぶ
これは、ぺアリングで二人日常つけているので、シンプルなデザインが主流のようです。
婚約指輪と結婚指輪をセットでつけたとき、美しくみえるような、バランスも重要な要素となります。
名古屋では、この指輪にかける予算も、全国平均を上回っているようです。