二次会での楽しみは実は景品

二次会での楽しみは実は景品

年齢が上がっていくにつれて増えていくのは結婚式の招待ではないでしょうか。
結婚式の後、と言えばよほどのことがない限り二次会までの参加は常識になりつつあります。
しかし最近では挙式はせず、二次会のようなパーティのみ執り行う新郎新婦も増えてきているようで、私もそのようなタイプに何度か招待していただきました。
参列者からするとやはり一番の目的は友人である新郎新婦の晴れ姿、特に女性の場綺麗なウエディングドレスを身にまとった友人を見たときには羨ましいと思ってしまうのではないでしょうか。
さらに規模が大きければ大きいほど食事を楽しみながら懐かしい友人達との会話が多くなってくるので、お料理やお酒のクオリティーも大事です。
しかし、何と言っても影の一番の目的は景品。
ビンゴ大会やクイズ大会などで平等に訪れるゲットのチャンス。
しかも、自分では購入しないけどあったら嬉しい、と思うような家電や生活用品、某有名アトラクションパークの入場チケット、有名和牛の詰め合わせ、など景品のクオリティーが高ければ高いほどやはり嬉しいものです。
私も何度か景品をゲットしたことがありますが、毎回楽しみにしています。

もし、二次会の幹事になった時の景品選び

仲のいい友人の結婚式といえば何かしら役割が回ってきますよね。
私も何度か経験しましたが、友人のスピーチだったり、受付だったり、二次会の幹事だったりまちまちですが、共通して失敗は出来ないと言う使命感がありますよね。
でも中には自分から立候補する強者もいるそうです。
さて、二次会の幹事になったときやらなければいけないのは人数の把握はもちろんのこと、場所決めやお店の人や新郎新婦との打ち合わせ、そして何よりも困るのが景品選びではないでしょうか。
みんなが楽しみにしているから目立つ景品を用意したい、でも予算もある、そんな葛藤の中で的確に商品を選ぶ為には何をポイントにしたらいいのか考えてみました。
まずは万人受けすること。
よくウケ狙いでギャググッズを購入する幹事さんもいますが、みんな参加費にお金を払っている以上、そんな景品だと一気にテンションが下がりますので、この条件は必須です。
また、流行の家電やテーマパークチケットなど大きいものや目玉となるものもドキドキ感などを演出できるため必須です。
結婚式からの手荷物が多い参加者のことを考え当日何も持ち帰る必要のない、後日自宅に届くシステムのお肉やカニといったものも喜ばれること間違いなしでしょう。

二次会の景品を買うとしたら

私にも何度かある二次会の幹事の経験ですが、毎回悩むのは景品選びです。
そこで、今まで購入したことのある場所でどんなところを選べばいいのか考えてみました。
まずは大型家電ショップです。
実際に店員さんに聞きながら今流行の家電などが目に見えるメリットがあります。
しかし、やはり高額なものが多くなってくるので予算に余裕がない場合は控えた方が良さそうです。
次にディスカウントストアも実際に商品を見ながら選ぶことが出来る、そして何よりも品揃えがすごく、性別年齢にあったものを購入できるというメリットがあります。
しかし、家電ショップにしても、ディスカウントストアにしても、大きい景品を購入した場合一度幹事宅に持ち帰り、後日二次会会場に運ばなければいけないというデメリットがあります。
車で移動できるのなら良いのですが、電車での移動の場合難しいですよね。
そのデメリットはインターネットショッピングでカバーできます。
購入時に実物を見ることが出来ないのはデメリットですが、実際に購入された方のレビューや評価を参考にすることは出来ますし、比較的安価に購入できます。
二次会するなら景品選びにもこだわろう
さらに景品を自宅まで届けてくれるメリットもあります。
まとまった時間を取ることが出来ない方にもオススメです。