杜の都、仙台のコールセンターで派遣として働く

杜の都、仙台のコールセンターで派遣として働く

仙台といえば杜の都ですよね。
そんな仙台のコールセンターで派遣社員として働こうとしている方に向けて、様々な情報をここではつらつらと発信していこうと思っています。
まずは何故杜の都と呼ばれるようになったのか、その由来についてお話していこうと思います。
まず、どうして森ではなくて杜なのかというと、この杜は、ご神木などの神社にあるような聖なる神の宿る木を意味します。
ではなぜ仙台がその杜の都なのか。
この土地を代表する有名な偉人といえば、みなさん伊達正宗を連想すると思いますが、彼がこの由来に深く関わっていると言われています。
伊達正宗は藩祖時代、植林の推奨を積極的に行っていました。
そのような植林の結果、仙台には人口林や屋敷林がたくさんできて、まるで杜の中に町があるみたいできれいだ、ということで杜の都という名で呼ばれるようになったそうです。
素敵な由来ですね。
では次からはコールセンターは派遣社員に関するお話をしていこうと思います。

仙台を含むコールセンター派遣での2種類の業務

そもそも、コールセンターの仕事とはどのようなものなのでしょうか。
ここでは仙台や派遣などの雇用形態に関わらず全体に共通するお話をしていこうと思います。
コールセンターの業務は文字通り電話に関連し、インバウンド業務とアウトバウンド業務に分けられます。
インバウンド業務というのは受電、つまりお客様などからかかってきた電話に対して受け答えを行う仕事を指します。
反対に、アウトバンド業務というのは将来のお客様になってくれそうな人に向かって電話を掛ける仕事を指します。
一般的にインバウンド業務よりも、アウトバウンド業務の方が仕事を通じてよりストレスを感じやすいと言われています。
また、大抵のインバウンド業務は定められた時間での業務を行う事が多く、反対にアウトバウンド業務の場合はノルマを課せられるような事が多いという風にいわれています。
同じコールセンター業務でも種類があるんですね。
では最後に、仙台で派遣社員としてコールセンターで働くことについて考えたいと思います。

仙台はコールセンターが多く、派遣社員も働きやすい

皆さん、ここ数年、仙台でコールセンターの数が増えている事をご存知でしたか?東日本大震災で被災した地域では雇用状態が厳しくなっており、仙台も例外ではありません。
そこで、復興支援であったり人材確保を目的として、企業のコールセンター進出が仙台に相次ぐようになったのです。
東北最大の都市あり、でその人材供給力が魅力的だったのでしょう。
さらに市が自ら、企業のコールセンターの誘致に注力しています。
この二つの要因が合わさってプラスに働いたのでしょうね。
そして派遣という雇用形態で働くメリットにも触れておきたいと思います。
派遣の最大のメリットはずばり、有名企業や大企業で働けるチャンスが広がるという事です。
一般には入りづらいような企業にも派遣でなら就職できる確率が格段に上がります。
仙台のコールセンターに派遣として登録する
そんな会社に自分が働いていると思うと嬉しいですし、モチベーションも上がって良い仕事ができるようになりそうですよね。
ここまで、仙台のコールセンターで派遣社員として働くことについてお話ししました。
良い職に巡り合えると良いですね。