南無阿弥陀仏の念仏宗

南無阿弥陀仏の念仏宗

そもそも日本の仏教には、数多くの宗派が存在することをご存知でしたか。
私もこんなに多いのかとびっくりしたのですが、日本の仏教には、実に18もの宗派があり、「十八宗」と呼ばれているのです。
十八宗をご紹介しますと、浄土宗、浄土真宗、三論宗、臨済宗、法相宗、華厳宗、律宗、倶舎宗、成実宗、天台宗、真言宗、曹洞宗、時宗、日蓮宗、黄檗宗、普化宗、修験宗、そして念仏宗です。
念仏宗とは、その名が示すとおり、念仏を唱えることによって阿弥陀仏の救いを信じる宗派のことです。
阿弥陀仏とは、念仏宗をはじめ仏教ではとてもベストキーパーソンと言っても過言ではないくらい重要な方です。
そして、ここで言う念仏とは「南無阿弥陀仏」のことで、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
「南無阿弥陀仏」とは、人々を苦しみから救うために阿弥陀仏が授けた特効薬であり、苦しみから救われたことを阿弥陀仏に感謝するための言葉でもあるのだそうです。