終活で家族葬を考える方が多い!東京!

終活で家族葬を考える方が多い!東京!

現代の言葉で終活という語が世間に広がっている。

特に、東京のような都会の高齢者の一人暮らしの方たちは特に気になる言葉である。

自身がこれまでに経験してきて、亡くなった後に残される家族の悲しみと大変さを知っているために、生きている間に自分の亡くなった後の希望を準備しておきたい方が増えてきている。

その中には相続など以外にも、葬儀の方法として家族葬を願う方が増えてきている。

東京などの都会では、近所付き合いが希薄になってきたこともあるが、残された家族の負担を減らしたいという気遣いも含まれている。

ご家族やご親族と一部の親しい方だけの出席となるので日程や準備などにかかる時間や不安を減らす事が出来、また参列者への対応に追われないというメリットがある。

これまで様々な経験をしてきた、故人の生前の配慮ともいう事が出来る。

このように、故人や家族の想いを反映した形が家族葬として、現在好まれ選ばれている葬儀の一つである。