人気のフライパンは表面加工で丈夫なものだけど、本当に大丈夫?

人気のフライパンは表面加工で丈夫なものだけど、本当に大丈夫?

フライパンの購入で悩んでいたんです。
何故かというと、単身赴任で週末に料理を始めたんですが、男って妙に道具に拘ったりするわけですよ。
いろいろ調べたら、鉄製のフライパンが良いって分かって購入したんです。
妻には言えない金額で。
プロの料理人に人気があるってことは、美味しく作れるってことですよね。
でも、これが重い!料理中に片手で持って動かすのは、想像以上に辛いんです。
しかも錆びる。
使う度に錆と格闘です。
鉄製のものは、プロの料理人に人気があるらしく、美味しく料理が作れるそうですけど、私には使いこなせませんでした。
主婦の皆さんには、フッ素樹脂加工で安いフライパンが人気があるらしいですね。
妻も使っていたような気がします。
でもせっかく料理するんだったら、美味しく作りたいじゃないですか。
鉄製を購入したのも、そのためだったので。
フッ素樹脂加工は、どうなんでしょう?確かにフライパンの表面が加工されてると、丈夫そうだけど。

人気の表面加工フライパンに潜む危険性

フライパンの表面を加工するのは、少ないお手入れで長持ちさせようとする工夫でしょ。
焦げ付きにくいって、確かに重要な決め手になるかも。
人気の理由はそこなんですね。
私の鉄製フライパンは、焦げまくりでしたから。
で、その表面加工の中でも、フッ素樹脂加工のフライパンが良いっていうんですが、確かにディスカウントストアでもたくさん並んでます。
とりあえず、フッ素樹脂加工のイメージって、焦げ付かなくてお手入れが簡単で丈夫って思っているでしょ?人気の理由も、そこですよね、きっと。
でもそれって間違いで、実は危険らしいですよ!お手入れ方法を間違えなければ大丈夫らしいですけど。
使い方では、空焚きは禁止。
絶対にしない方が良いです。
PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)が有毒ガスを発生させる可能性があるとのこと。
また、購入のときに発がん性物質PFOA(パーフルオロオクタン酸)を使っているものは、人気だと言われても買わないことです。
この物質は自然界には存在しないので、世界的な環境汚染にもつながっているんですよ。
今使っているフッ素樹脂加工のフライパンがあれば、高温で使わず、空焚きしないようにしましょう。

健康にも配慮した表面加工フライパンが最近の人気です

鉄製でもなく、フッ素樹脂加工でもないもので、美味しく料理が仕上がる人気のものはないでしょうか。
できるだけ鉄製よりも軽くて扱い易く、お手入れ簡単なやつが良いですよね。
そして、当然健康面に配慮した安全なものが良いのです。
そしてついに、焦げ付きにくい表面加工のフライパンの中に、ナノダイヤモンドとチタンのダブルコーティングというものを見つけました!この加工フライパン、既に人気を集めているんだそうです。
もっと早く知りたかった・・・。
何といってもこのフライパンは、油を使わなくても大丈夫なので、ヘルシーな料理作りに最適です(油無しよりは、ほんの少し使った方が、コーティングは長持ちするようです。
)!それから多少高温で使っても、空焚きしても人体や環境への危険性はないという安全安心さがあります。
人気があるフライパンを手に入れる
更にチタンを使っているということは、遠赤外線効果も期待できるから、お肉なんか芯まで火が通り、美味しい料理作りに大活躍。
満足してます!表面加工しているフライパンの場合は、どうしてもコーティングが剥がれにくいようにする配慮は必要だけど、それさえ気を付ければ、ずっと付き合っていけるパートナーです。
これから、もっと人気が出るんじゃないかな。