台東区蔵前での月極駐車場事情

台東区蔵前での月極駐車場事情

五月の日本三大祭りの一つ、真夏の墨田川での花火大会、冬になれば酉の市など江戸の昔から続く風情ある下町地域にある蔵前で月極駐車場を借りる場合、その用途により多くの物件があります。
機械式立体駐車場や屋根付き、屋根無し駐車場と駅周辺に点在しています。
この地域は西は上野、秋葉原、東には墨田川から新しい電波等へと東京の観光名所が集まっていて、蔵前と言う名称は、江戸の昔から、堀沿いに並ぶ御米蔵が地名の由来となっているように、今でも多くの卸問屋が集まり、商業の中継地点ともなっています。
昔は堀から船を使っての物流でしたが、いまや物流の中心となる車社会では、土地に余裕がなければ、月極駐車場を利用する事になります。
月極駐車場の利用価格においては、その使い勝手、利便性により大きく幅があり、選択できます。
同じ東京都内でも都心部と違い、月極駐車場物件は比較的利用しやすい面があります。
蔵前と言う土地の歴史と、位置関係から使いやすい駐車場を探すにはちょうど良いと言えます。