ミッション系と言われる関東学院高校と同じような高校

ミッション系と言われる関東学院高校と同じような高校

キリスト教に関係がある組織や関係の深い人が設立した学校をミッション系と言うそうで、関東学院高校もミッション系の仲間。
キリスト教は「プロテスタント」と「カトリック」にまた別れる。
関東学院高校も礼拝があるとのことですが、週に二日あるそうです。
学校によって週に何回かはまちまちであるようですね。
基本的には日曜日に教会に行って礼拝・・・という流れですが、実は、学校によっては土日休みの週休二日制の所もあるのです。
「いいなあ!何故土曜日が?」とお思いでしょう?・・・それは、本棚の片隅に眠っている「聖書」の前半部「旧約聖書」をご覧くださいませ。
「出エジプト記第二十章」と「申命記第五章」に書いてありますが、神様が週の7日目に休まれたことと、エジプトで奴隷状態のユダヤ人を連れ出して週の7日目に休みを与えたことにより、安息日だから労働してはいけないと定め、実際に当時「週の7日目」が土曜日にあたったから。
関東学院高校ではわかりませんが、すなわちそういう教えが聖書にあったので、「前日は安息日とする」教えに則って土曜日も休みにしている学校もあるわけです。
お休みがあれば自分なりのスケジュールも組みやすい。
関東学院高校やミッション系の学校をお考えの皆様、時間割には「聖書」の授業もありますので、きっと学べば人生に良い影響になることと期待できます。
吟味して説明会に積極的に参加してはいかがでしょうか。

進学は・・・関東学院高校のような付属の大学がある場合

付属の高校に通っている皆さんは大学は同じところに行きたいのでしょうか?ある程度の良い成績を得てエスカレーターは可能だとよく言われていますが、この大学に行きたいという目標で付属の高校を目指しているのでしょうか?関東学院高校は関東学院大学の付属ですね。
付属の高校を持っている他の大学もありますが、やはり場所的に慣れてると緊張もなくなるとか?理由は様々。
体育系の部活で付属高校に入っていて、その上の大学もスポーツの強い大学なら、そのまま進んで専念できる。
そもそも推薦は学校によって評定があって、推薦の条件が学校によってですが例えば「B以上の人」、試験も様々で面接だけとか英語と小論文だけとか学校によっていろいろです。
そういう決まりがあります。
関東学院高校はどうなのでしょう、わかりませんが、ともあれ勉強するということは大事であり、大学に入るためだけではないんです。
大学に入って「これを学びたい」と選択するのですから入ってからも勉強は続きます。
もちろん高校よりも量は多くなります。
後の人生でも必ず役に立ちますから、関東学院高校を受験の皆様、頑張って勉強してほしいと思います。

声に悩んだ声優さんは関東学院高校出身

関東学院大学や関東学院高校を卒業された著名人の方々は少なくありません。
スポーツ選手、芸人さん、文化人など。
その中でも、役者さんが。
子役時代に代表的な番組の主役で大活躍が関係者の目に留まって・・・それ以後も沢山の番組で活躍されていたけれど、関東学院高校ではなく別の高校に在学していて、その頃には芸能活動をお休みし、学業に専念されていたそうです。
数年後に復帰し、現在に至るのですが、声質もさることながらそのイメージが大きくて、お年を召すとともにオファーが減ってきて、オーディションが大変なのが悩みだそうです。
もうお一人の人気タレントさん。
関東学院高校に通われていたそうで、いろいろと役者の仕事で悩みに悩んだということは本当に衝撃なことですが、この方も会社員時代に声を理由にやはり苦労したそうです。
それはネガティブでもマイナスでもありません。

悩みはいろいろあるけれども、プライドをもって生きている、関東学院高校の皆さんもきっとそんな先輩がいらしたからたくましく育つのではと思います。
本当に見習いたいと思っております。