念仏宗三寶山無量壽寺の教え

日本の仏教には多数の宗派が存在し、様々な教えをもとに人々の心の支えとなっています。

そのほとんどが大昔に宗派として確立し、長い期間を経て現在の規模になりましたが兵庫県加東市に総本山を置き、たくさんの人が参拝に訪れる念仏宗三寶山無量壽寺は1990年代に開宗した比較的新しい宗派にも関わらずたくさんの方に支持されています。阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩の阿弥陀三尊を本尊としており、仏教の祖釈尊の教えが原点となっています。

釈尊によれば現世は思い通りにはならない苦の世界で真の幸福とは大涅槃と呼ばれる真の安心を得ることであり、大涅槃には人の道すなわち父母の恩、衆生の恩、社会の恩、仏・法・僧の恩の四恩に報いることが必要。念仏宗ではその教えをもとに人として理想の人生を歩む道しるべとして広く親しまれています。

念仏宗の教え

また国際交流や社会福祉活動も積極的におこなう宗派として有名で、日本のみならず世界的に活躍している宗派といえるでしょう。