心理学的に見た煙突

心理学的に見た煙突

心理学的に見ると、煙突は重要な意味をもっています。
特に精神医学の一部である夢分析の分野では煙突は様々な潜在意識を象徴するキーワードとして解釈され、古くから研究の対象にされてきました。
夢分析において煙突は、男性らしさと深く結びついています。
男性としての威厳や強さ、あるいは男性のシンボルそのものを表すアイテムであると言われ、性的に多感な思春期にかけて頻繁に夢に現れるとされています。
性別によってもその意味合いは異なり、男性が見た場合には男性らしさの復権を、女性が見た場合には男性らしさへの憧れを潜在意識として抱えていると分析することができます。
夢分析において男性らしさの象徴とされるものには他に、高いタワーや高層ビル、長く細い刀剣などがあります。
ちなみに女性らしさの象徴は壺、丸い器、円形の筒などがあります。
個人的には煙突というと、子どもの頃によく通った銭湯を連想しますね。
夢分析は精神医学の中でも面白い分野なので、ぜひその世界に触れてみてください。