岐阜県内に家を建てて10年、塗装の重要性を知りました

岐阜県内に家を建てて10年、塗装の重要性を知りました

家を建ててから10年、ふと家を見ると外壁の塗装の剥がれやひび割れ、汚れが気になるようになってきました。
岐阜に引っ越してきて家を建てたばかりの思い出がよぎり、外観を新築の時のように綺麗にしたいと思い、業者さんをネットで調べることにしました。
そこで気づいたことは、塗装は外観を綺麗にするだけでなく重要な役割を果たしていることが分かり、多くの方があまりこのことを知らないのではないかと言うことでした。
まず、その効果についてなのですが、見た目が綺麗になることはもちろんですが、紫外線や雨から家を守ってくれる効果があるのだそうです。
塗装が劣化していても、外観が損なわれる程度で長く住んでいるとあまり気ならなくなり、そこまで塗り直す必要ってあまり感じないのが正直なところですよね。
しかし、あまり放っておき下の素材までダメージが及ぶと、取り返しがつかなくなる状態にもなるようなので、想像以上に塗装は家にとって重要な要素なのです。
岐阜のこの土地も本当に気に入っているので、すぐに家を守るために塗り直しをしてもらうことが必要だと思いました。

塗装の劣化は早めに対処を!岐阜の我が家は大丈夫?

岐阜の我が家の塗装の劣化をこのまま放っておいてしまったら、一体どうなってしまうのでしょうか。
塗装の最も重要な役割は防水で、劣化してくると壁には湿気が溜まるようになり、ひびの原因にもなり、そこから浸水してしまうのです。
これは放っておくと家そのものの素材である木やコンクリートにしみこみ、カビが発生し衛生面も悪くなり、雨漏りと言う最悪の事態にもなりかねません。
そうなってしますと住むこと自体が困難になっていきますし、雨漏りの工事となると高額の費用が掛かることになってしまいます。
実際に雨漏りの症状が出ていなくとも、下地がかなりのダメージを負っており、塗装の塗り替えで済むはずだった状態を過ぎてしまうと本格的なリフォームが必要になってしまいます。
岐阜の方に塗装してもらった結果
我が家の状態はぎりぎり塗り替えで済む範囲内の状態だったようで危なかったみたいです。
自分で家の外壁と屋根の状態をたまにチェックし、岐阜県内には親身になってくれる塗装業者さんがたくさんあるので、早めに依頼することが必要です。