塗装をすべきタイミングを岐阜の塗装職人さんに聞きました

塗装をすべきタイミングを岐阜の塗装職人さんに聞きました

前述の通り大きな工事が必要になれば、当然費用も高くなってしまいます。
これを防ぐためにはどうすれば良いか、岐阜県内の塗装職人さんに相談しました。
まずはやはり日頃私達がチェックすることが大事ですが、塗装の塗り替えが必要になるタイミングの判断ってよく分からないですよね。
大きなひび割れや汚れは分かりやすいですが、手遅れになりかねません。
そのような段階の前としてチョークキング現象と言うものがあります。
これは紫外線や雨風により塗装が劣化し粉状になって剥がれそうな状態で、触るとチョークのように白い粉が付くので触れば分かりやすいですが、見た目だけでは分からないので、たまに触ってみてチェックをするのが良いそうです。
簡単なので思い出した時で良いので、触ってみましょう。
この現象が起きた時には、早めに塗装会社さんに相談しましょう。
あと季節は基本的には湿度の低い春が良いそうですよ。
私が住んでいる岐阜の飛騨地方は、1日の寒暖の差が激しくて職人さんは大変そうです。