和歌山でゴルフ会員権を売買する際の注意点

和歌山でゴルフ会員権を売買する際の注意点

和歌山県でゴルフ会員権を購入したい場合、何に注意すればいいのでしょうか。

例えばゴルフ会員権は税金があるのか?

また有価証券と同じなのか?

色々疑問があります。

実はゴルフ会員権は有価証券ではありません。

実は会員権にも色々な種類があります。

正会員、平日・週日会員、法人会員、婦人会員など、使う側で様々な条件に合った会員権を選ぶ事ができます。

また税金はゴルフ会員権を譲渡して仮に利益が出た場合、翌年に確定申告を行わないといけません。

利益が出る場合はいくつかあります。

会員保有期間が5年以内の短期譲渡、5年を超える長期譲渡などです。

これらの納税額はいずれも年間所得と課税対象額(この場合は譲渡額から様々な手数料や実費を引いて特別控除額を引いたもの)を足したものに税率をかけて控除額を引いたものになります。

また売買に対しては名義書換えやゴルフ場への譲渡通知書を送付したり、色々複雑な手続きがあります。

和歌山をサポートしている会員権業者に取り扱ってもらうのが一番いいと思います。

ゴルフ会員権を和歌山で売却する時の手続き

父が和歌山県でゴルフ会員権を売却したいと言い出しました。

長年地元でゴルフを楽しんできたのですが、最近めっきり数も減り、友人もなかなかゴルフをしなくなってきたとのこと。

もちろんウォーキングや自転車等のエクササイズが大好きな父ですが、あまり興味が無くなったようです。

私も売却の手伝いをすることにしました。

まずは売却することにあたって売買専門業者をはさんで希望金額を交渉してもらいます。

この時、納得いかない金額になるようなら、納得できるまで話をするほうが良いと思います。

そして購入側が満足し、私達も売却に納得がいくようであれば交渉が成立したということで、ゴルフ会員権売買契約書を交わします。

やはりこの時、どんなに売却したくても(もちろん買いたくても)個人でこの売買契約書を交わすのは難しいと思いました。

なにより相手があることなので交渉することが難しいのです。

そしてこの契約書を元に取引日や購入金額が確定されます。

取引日とは、会員権証券と名義書換書類を現金で取引する日を言います。

和歌山のゴルフ会員権事情

このような手続きを経て、初めて和歌山のゴルフ会員権は売却されました。

やはりこれらの手続きにはプロの売買業者を入れる事が最も失敗が無く、効率的だと思います。