費用を無駄にしないための企業の新入社員研修の心得

費用を無駄にしないための企業の新入社員研修の心得

新入社員に求められることというものは、それほど多くはありません。
といっても、初めて社会人になった人間にとっては、会社に費用をかけてもらい新入社員研修によって、ようやく身に着けられるものです。
それは、当たり前のことを当たり前にできるようになるということ。
この一言に集約されると言っても過言ではないでしょう。
具体的には人との関係を円滑にできるようになること。
ホウレンソウができるようになり余分な費用をかけて迷惑をかけるようなことが無いこと。
ビジネスマナーをみにつけること。
またビジネスの実務での法務知識を身に着け、コンプライアンスを徹底出来て人様に迷惑をかけず、自分の身を守ることができるようになること。
こうしたことは、会社に長くいた人間なら大したことのないことでも、一年を通して真剣に仕事をしながら、必死に努力しなくては身に付きません。
その起爆剤として新入社員研修を位置づけて、企業は新入社員と言う黄金の卵をあたためて、素晴らしいビジネスマン、ビジネスウーマンに育てていかなくてはなりません。